高収入求人サイトを検索したけどお店も業種も色々あってよく分からない。初めてだし不安。そんな貴女に寄り添います。神戸高収入お仕事相談所 "SAKURA Agent"

TOP 風俗ってどんなお仕事 働く前に法律を知ろう ご相談可能エリア ご相談の流れ ご相談フォーム FAQ 会社概要


パパ活・デリヘルは危険です!


パパ活の事件 デリヘルの事件


●パパ活が発端・関連する殺人事件とは?
不特定の相手とのパパ活は売春にあたります。
その上、良く知らない男性とホテルで1対1など大変に危険(命が危険)な行為です。
不特定の相手との安易なパパ活は、絶対にやめましょう。
身近なパパ活女子さんが被害に遭わない限り、身に染みてリスクを痛感する事はないと思いますが現実にこんなに事件が起きています。
パパ活に関連する殺人事件を3つ紹介します。

・茨城県女子大生殺人事件
パパ活が発端・関連する1つ目の殺人事件は茨城県女子大生殺人事件です。

葛飾区に住む女子大生Kさんが2018年11月から行方不明。
2019年1月31日に茨城県に住む無職・広瀬晃一が逮捕されました。

供述によると「2018年11月20日初めて直接会い、自宅で話をした。ドライブに出かけたところ車内で騒がれたため、
車内でKさんを絞殺、遺体を遺棄した」ようです。

実はこの広瀬被告には前科があり、2017年4月には千葉県在住の女子高生に現金を渡してみだらな行為をし、
児童売春・児童ポルノ禁止法違反で逮捕され、50万円の罰金刑を受けていました。

当日の足取り
2018年 無料掲示板:ネットゲームで二人が知り合う
2018年11月20日 KさんがJR綾瀬駅から茨城県に到着。広瀬被告の自宅近くのコンビニへタクシーで向かう。
18:00頃 広瀬被告が車でコンビニへ迎えに来て合流
18:00〜 広瀬被告が菊池さんに目隠しをして自宅へ車で連れて行く
18:00〜20:00 再び目隠しをした状態でKさんを車へ乗せ、自宅から離れた場所で降車させる
20:00頃 近隣住民にKさんが「広瀬被告の自宅の場所がわからなくなった、東京から来たがお金がなくて帰宅できない」と話しかけ、泣いていた様子が目撃される
23:00頃 Kさんのスマホから発信される位置情報が途絶える

実はKさんが茨城まで行ったのはパパ活目的だったようです。
お手当があるからと思い、片道分の交通費しか持っていなかったんでしょう。

当初の条件ではお手当を30万円もらえるはずだったのです。
提示通りもらえなかったという理由で揉めてしまい車に乗せて自宅から離れた場所へ放置。

しかしKさんが戻ってきてまた金銭のことで文句を言い「SNSであなたのことを拡散する」と脅したそうです。
その後一旦コンビニに二人で行ってお金を下ろしたものの、Kさんに支払うことなく彼女を絞殺しています。
広瀬被告は土木作業員で月給は20万程度、会社に前借りをしていたほどだったのでさほどお金に余裕はなかったのでしょう。

真相まとめ
1.二人はパパ活目的で知り合ったが条件のことで金銭トラブルに
2.一度は開放したものの、戻ってきて文句を言われたので車内で殺害された

・28歳女性覚醒剤死亡事件
パパ活が発端・関連する28歳女性覚醒剤死亡事件です。

2019年東京都渋谷区神泉の自宅で当時28歳のYさんに致死量の1000倍の覚醒剤を摂取させて殺害したとして、
不動産会社役員石原信明被告(当時容疑者)が逮捕されました。

事件の経緯
2016年冬頃、二人が会員制デートクラブで知り合う
2018年7月22日:4回目のデートでYさんが石原被告の自宅へ、昼ごろからお酒を飲み始める
同日、Yさんが知人にLINE
「薬物をすすめられている、どう断ったら良いだろう」
「日本酒に薬物を混ぜられたみたい…どうしよう。警察に行った方が良いか」
と送る
その後Yさんが死亡

デートクラブで出会った二人は金銭のやり取りを通じて交流を持っていたようです。

Yさんは銀座ホステスをしていたこともあるかなりの美人さんで、
以前テレビ番組「家、ついて行ってイイですか?」にも出演したことがあったようです。

おそらく自宅で石原被告が覚醒剤を使っていわゆる”キメセク”をしようとしたところ拒否されたので、
日本酒に薬を入れて飲ませたのでしょう。

石原被告は不動産役員をやっているだけにかなりのお金持ちで、若い女性を食い物にすると言われていて
周囲からの評判はかなり悪かったようです…。

真相まとめ
1.デートクラブで知り合いパパ活関係にあった
2.自宅でキメセクしようとしてお酒に覚醒剤を混入、致死量の1000倍を摂取させてしまい五十嵐さんが死亡

・新潟人狼殺殺人事件
新潟県で起きた刺殺事件も実はパパ活が関連しています。
2019年11月15日に新潟県の繁華街の路上で飲食店店員のIさん(20)が刃物で刺されて死亡しました。
警察は齋藤涼介容疑者(当時)を殺人の容疑で逮捕しました。

事件の経緯
11月15日、齋藤被告がIさんが働くスナックの入り口で待ち伏せ
21:00頃、同じビルの店員が悲鳴と「ふざけんじゃねえ!」「ごめんなさい、ごめんなさい!」という声を聞く
同時刻、店員が駆けつけたところIさんが仰向けに倒れており既に意識はなかった
その後死亡

現場には齋藤被告のスマホ・包丁・2人が交際関係にあったこと・自殺をすることが書かれたノートが置かれていた
実は二人で人狼殺というネットゲームで出会い、交際をしていました。
界隈では二人は有名で、交際を匂わせていたのでプレイヤーは二人が付き合っていることを知っていたそうです。
しかし、10月ごろにIさんがスナックのお客様からプレゼントやお金を貰いパパ活が齋藤被告にバレて二人は別れました。

その後、齋藤被告はTwitterで「あいつはパパ活をしている」と暴露しましたが、怒りが収まらずに犯行に及んだようです。

真相まとめ
1.二人はネットゲームで知り合って交際していた
2.女性のパパ活がバレて逆上、殺害に至った







Kansai Life Consulting --- SAKURA Agent ---
inserted by FC2 system